FC2ブログ

バイクヤードキヨ

広島のバイクショップ「バイクヤードキヨ」の日常

Google

GS50耐久 第2戦 その2

GS50耐久第2戦は6月11日に行われます。

つまり来週です。

本日、赤の方を小整備。組み終えてエンジンスタート。掛かりません。
プラグ、タイミング等触った所を確認するも異常なし。

タンクを揺さぶるとポチャと小さな音。
そうです、頭の良い皆さんはもうお分かりですね。
ガス欠です。

暑さで冷静な判断力を欠いてます。

一応形になりエンジンが掛かるようになった、赤と黒。

第2戦GS50


今日タイヤを観察して気付いたんですが、前タイヤ中央に3本線がありそのサイドに溝が入ってます。


GS前タイヤ


恐らくビジネスタイヤで耐久性を上げる為3本線部分とサイドウォールのコンパウンドが違い、サイドが柔らかいんだと思うのですが。
これでサーキットを走ると真ん中は殆ど減らずにサイドは良い勢いで溶けて磨耗して行きます。

つまり、真ん中とサイドで段差が出来てしまうのです。
今現在でも1ミリ以上センターが高い状態です。倒しこむ時に「カクン」と切れ込むこと必死でしょう。

誰か良いタイヤ探して下さい。

それとチーム名月曜までにお願いします。
スポンサーサイト



  1. 2006/06/03(土) 17:40:44|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

コンパウンドだけの問題ではないかと思いますよ。
サイドはグルーブが多い分タイヤの剛性が落ちるので、発熱量が多い=ちびる。
センター部分は無いに等しい>発熱量が少ない=ちびにくい。

後は、空気圧を下げる>発熱多い、空気圧を上げる>発熱低い
サーキットではビックリした事に、たったコンマ1違ってもかなり違いがわかりますよ!
 路面温度と周回周とペースで、空気圧を合わせると効果的でしょう。(耐久で低めだとズルズルのヨレヨレの可能性大です。)

PS 解消方書き込むのを忘れました…
センター部分に浅めにグルービングするとそこそこ、バランス良くちびてくれると思いますよ!
チョークで大体のライン決めたら、サンダーでサラリと! グルーバーより早くて簡単です。

怪我せんようにね!
  1. 2006/06/07(水) 22:18:23 |
  2. URL |
  3. まっちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bikeyard.blog9.fc2.com/tb.php/34-b93cf8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)